九州の自然とフライフィッシングを愛するじいの 気まぐれレポートです。

昨日から久しぶりの低温になった。

積雪こそなかったが遠くの山は雪模様、平地でも0度となった。



ここまで急な冷え込みでは魚も凍える。まして、山岳路は雪の心配があるので、昨日今日は久しぶりに腰をすえてタイイングに取り組もう!



先日九重(ここのえ)FRで釣友F氏がウエットフライで好結果をだしたことでウエットフライが仲間内のブームとなっている。



一応基本的なウエットは巻いたものがあるのだが、久しぶりにフライ雑誌を取り出して眺め、思い出しつつタイイングしてみた。



PC070474.jpg



①ギニアウィングセッジ(右)

買い置きしてあったギニア(ほろほろ鳥)の羽があったのを思い出した。ボディハックルの巻き方を忘れている自分に気がつく(涙!)



②ウィットグリーン(中央と奥)

G釣具店頭で見つけたピーコックソードがあまりにもきれいだったので買って置いたものを使用。ボディはピーコックアイ(ハール)の3枚重ね。これは釣れそう(嬉!)



③レネハロップCENただ巻きニンフ(左)

ニジマス用のニンフが残り少なくなってきたので・・。ニンフダビング材のレネハロップのブラウンをリビングしたものに、ハックルとしてグレーのパートリッジを巻いたもので気分によって兎の耳毛をドレッシングしたもの。(簡単!)



さて、来週末は少し天候も回復するだろうということで、五ヶ瀬川上流方面のニジマス探しを計画している。



 

あしあとがわりに押してやってください。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ にほんブログ村 アウトドアブログへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haari.blog15.fc2.com/tb.php/70-6b854851
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック