九州の自然とフライフィッシングを愛するじいの 気まぐれレポートです。

最近フライをタイイングしていて、雑誌やパターンブック通りで実際の虫のイメージに合っているか疑問になるときがある。

そこで今シーズンからドリフターチェックに挑戦してみる。



P2260647.jpg 

虫チェックの道具はまったく刈田敏氏のパクリ。実際にテストしてみて微調整する予定だ。



<材料リスト>

三脚=市販のデジカメ用三脚のコンパクトサイズ。ヘッドははずした。

ネット=リバレイのリリースネット。枠との接合部が袋状になったものに1mm径の針金を2重に通して強度確保。

フローター=発泡浮きの材料4mm径のセンターを抜いた。

ステム=4mm径のアルミパイプを2本束にした。ほんとうは3mm径のナイロン組みひもが往復できる内径が欲しかったが、入手できなかった。(おかげで強度不足?)



昨日今日でDIYの店をあちこち物色してとりあえず解禁には間に合った。

今年も魚との知恵比べにはまりそう



 

 

あしあとがわりに押してやってください。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haari.blog15.fc2.com/tb.php/88-78b47396
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック