九州の自然とフライフィッシングを愛するじいの 気まぐれレポートです。

前々日からの寒冷前線の通過で久しぶりに荒れ模様。今日は天気は回復したものの平地でも気温4度Cと冷え込み、状況悪そう。



八女市上陽町の木下釣具で遊漁券を購入し、星野川上流の熊渡川をめざす。

ここは去年も早い時期から良型が釣れていたところ。

しかし現場に着くと餌釣り青年二人がすでに入渓していた。



話を聞くと、昨日は雪が降っていたのに良くつれた。今日はさっぱりとのこと。

魚影が濃いので何とかなるだろうと、竿抜けポイントを探しながら2時間半ほど釣り上がったが・・。



魚が抜かれてしまったか、冷え込みのせいかヒットなし。

気持ちを切り替えて、山越えで矢部川水系のO川に転進する。



P3150739.jpg P3150740.jpg



途中の峠道にはなごり雪の跡が、見上げると釈迦岳(?)山頂は冠雪が・・。



本流近くにはフライマンと餌釣り師1名が入っていたが、上流部は思ったより静かだった。

解禁当初は不調という話もあり、かなりの増水を目前にすると不安がよぎる。

 
P3150743.jpg



水温は7度Cとやや冷たい。トルクのある流れをよけながら、流れの間にある緩流帯にコカゲロウ系のパラシュートフライを送り込む。

P3150746.jpg



流れがきついせいか、ゆっくりとフライを咥えて反転した25cmクラスのさかな。

その後、数匹は飛びつくような反応で釣れてきたので、フライをグリーンのエルクヘアカディスにチェンジしてみる。

P3150748.jpg



案の定、緩流帯から飛び出してきたのは、26cm級の大物。活性は上がっているのにハッチがなくて食事にありつけてないみたい。

その後もサイズは小ぶりながら、ワンポイントワンヒットでつれ続く。


P3150749.jpg



普段はあまり水のない流れなのだが、増水はさかなの活性を上げるらしい。

しっかり残ってまた夏場に再会しようやと念じながら再放流。

 

 

あしあとがわりに押してやってください。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
 今シーズンは、スタートからなかなか良い釣りに巡り会ってますな~!

 メジャー河川のO川も入渓者が多いのでしょうが、ヤマメ達はしっかり残っているようで、楽しみと共に少し安心しました。

日曜日は、前回の放流会で貴殿と一緒だったN川君が、放流の渓に釣行したそうですが、入渓者の形跡は無く、良い釣りをしたようです。

ま、ヤマメ達がいれば、そこそこ楽しめると言うことですな!

今度一緒に行きましょう。
2009/03/17(火) 11:18 | URL | 太宰府のGENさん #-[ 編集]
>太宰府のGENさん
 そう!去年の苦悩がうそのようですね。
 C&Rのおかげでゆったりとした気持ちでロッドを振っているのが好結果の元ですかね?
 
 体調もよし!ということで大物のライズに挑戦しますv-221
 
2009/03/17(火) 18:05 | URL | dragondash #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haari.blog15.fc2.com/tb.php/94-f3f4049d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック