花冷え
2009年03月20日 (金) | 編集 |

開花宣言から一週間がたったがすんなりと一斉に満開には至らない。

この一週間は意外に天候不順。
今朝方降った雨は止んだがすっきり晴天にならず、冷たい北風の強い一日だった。



P3200772.jpg



今年もそろそろということで山国川が気になった。



P3200754.jpg



下流域の守実(もりざね)は桜もつぼみだし当然ライズもないが、気温は13度Cあった。



P3200756.jpg P3200758.jpg



地元の人が設置した交通安全の案山子を発見。ベースはマネキンなのだろうが首がないので意外と不気味。


田んぼの持ち主の佐竹さんがディスプレイした風車。去年の秋もあったらしいが・・。



中流域もライズらしきものは発見できず、上流の槻木(つきのき)地区に入渓する。餌釣り師2名のほか釣り人なし。



下流から彦水川合流までコカゲロウパラダンで釣りあがること2時間。

みごとに何の反応もない。当然ハッチも見られない。



P3200768.jpg



水温は11度Cと予想外に高いが、曇ってときどき小雨がぱらつき寒い。

このままでは終われないと思いティペットを8Xに替えて支流の彦水川を釣る。



P3200763.jpg



いつもの神頼みでグリーンのエルクヘアカディスを小プールに投げ入れる。

ぎりぎりピックアップと同時にヒットしたチビヤマメ。今年の放流魚とみた。



P3200765.jpg



今日はどうやら長くフライを見せないとだめらしい。なんとなく攻め方がわかったところで山国特有の岩盤の切れ目に流し込んだフライに反応した18cmのヤマメ。


なんと餌釣りの針が口の反対側に刺さったままだった。あわせ切れらしい。はずしてからリリースしてあげた。



P3200770.jpg



おまけに食いついてきた白ハエ(カワムツ)。なんと20cm近くある大物。



結局昼過ぎまで粘ったが、状況は好転せず。魚はでかかるものの少しでもドラグがかかると見切られる始末。フィッシングプレッシャーも相当なもの。



しかしこの釣り場は、数より型狙い。次回こそは大物ヤマメの期待を胸に帰路に着く



 

 

あしあとがわりに押してやってください。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック